« 究極のSEO対策とは | トップページ | ターゲットを絞ろう(メルマガ11月22日号) »

2004/12/11

最初にページを作りこみすぎない(メルマガ11月22日号)

最初にページを作りこみすぎない


最初にページを作りこみすぎないようにしましょう。
適度に手を抜いて作りましょう、ということです。

きっと完ぺき主義な方は、頑張って作りこんでからじゃないと、せっかくアクセ
スしてくれたユーザーが逃げてしまう・・・と考えていると思います。

でも大丈夫です、だって「アクセスがない」んですから。

そもそも、最初からバッチリ完璧!なんて非常に難しいです。

僕も最初の頃よくやったのが、考えすぎてページ作りが遅々として進まない、と
いうものでした。
特にサイト立ち上げの頃は、ページレイアウトをどうするか、ナビゲーションバー
の場所と中身はどうしようか、カテゴリはこの分け方で良いのかな・・・などな
ど、最も重要なコンテンツ作りの前でエライ時間がかかっていました。


これは、損です。


ページ作りにある程度なれた今は、情報収集⇒コンテンツの作成⇒ページ作成⇒
レイアウト整え、という流れで作業しています。(コンテンツ作成に注力できる
ブログは、この辺もウケているわけです。)

そして、8割がた完成したらアップしています。

10割は目指しません。

なぜなら、アップしてから検索エンジンにインデックスされるまでに、最終的に
完成させればいいからです。

それにページは(上位を目指して)常にメンテナンスして改良していく必要があ
りますから、完成ということは無いんですね。

ライバルがSEOをより向上させて、自分のページがランクダウンする可能性もあ
るからです。

ほとんどのページへのアクセスは検索エンジン経由ですから、インデックスされ
るまでは作成したページへのアクセスはほとんどありませんし(超人気サイトは
除く)、それ以上にインデックスされるためには外部リンクのあるページからリ
ンクされていないといけません。
その時間のロスを防ぐためにも、8割のところでアップしたほうが良いと考えて
います。
アップをためらっているうちに、検索エンジンが深い階層までしっかり読んでい
くディープクロールのタイミングを逃すのはもったいないですよね。

アクセスを集めだした段階で、アクセス解析の結果次第ではページの方向性を変
える必要もあるかもしれませんしね。

商品リンクばかりのページを作るなら話は別ですが、情報もしっかり盛り込んだ
ページを作る場合は、核となる情報を作成した段階でアップするのもひとつの手
だと思います。


ページの作りこみよりも、コンテンツの重視に力を入れてみましょう。

|

« 究極のSEO対策とは | トップページ | ターゲットを絞ろう(メルマガ11月22日号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41852/2233521

この記事へのトラックバック一覧です: 最初にページを作りこみすぎない(メルマガ11月22日号):

« 究極のSEO対策とは | トップページ | ターゲットを絞ろう(メルマガ11月22日号) »