« googleページ登録時にサブミッションコードが | トップページ | 鈴木敏文の「本当のようなウソを見抜く」セブンイレブン式脱常識の仕事術 »

2005/03/28

読んだ本は売る

昔から、読んだ本は売る派でした。
CDはまったく売らないんですけれどね。

アフィリエイトを始めてから、稼ぎ頭は楽天なのです。
使い勝手が悪い・現金の方が良い!とあまり歓迎されていない楽天ポイントですが、僕は結構ありがたく利用しています。

そう、図書カードをもらっているんです。
これで、ほぼ本代は賄えています。

で、新しめのビジネス書を買って、すばやく読んでamazonマーケットプレイスで売るんです。

すると、新刊本は8割くらいの値段でも十分売れます。
売ったら後で中身を読み返せなくなって困る、という人もいるかもしれませんが、それは大丈夫。

章ごとに、気になる文章や思い付きをどんどんマインドマップもどき(←完全に自己流です)でメモしてあるので、それを見れば中身を思い出せるという寸法です。

ポイントで貰った図書カードで本を買って、読んで情報を得てさらに8割で売る。

かなり得した気分です。

なんせ、ただで買った本を読んで売って、お金になるんですからねえ。

換金目的だけで図書カードをもらっているあなた、本を読むのが苦でなければ、普段は買いにくい高めの新刊本を買って、読んでから売るというのもひとつの手なのかもしれませんよ。

|

« googleページ登録時にサブミッションコードが | トップページ | 鈴木敏文の「本当のようなウソを見抜く」セブンイレブン式脱常識の仕事術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41852/3474101

この記事へのトラックバック一覧です: 読んだ本は売る:

« googleページ登録時にサブミッションコードが | トップページ | 鈴木敏文の「本当のようなウソを見抜く」セブンイレブン式脱常識の仕事術 »